PR

ドラマ【ラストマン】を観ながら、アイロンの白い粉と戦う!の巻

生活

夜勤で働く私の休日はその日の仕事が終わった朝から始まります。

今週のお休みは特に予定を入れず、お洋服のメンテナンスなど溜まっている家事を済ませようと思います。

スポンサーリンク

お気に入りの服

ここ数年着ていない服。思い切って断捨離しようと思いますが、色、形が気に入っているものなどなかなか断捨離できずにいた服が数点ある。

娘が着るとのことで私のクローゼットから引っ張り出してみると、お気に入りのスカートのゴムが伸びてしまっていました(T ^ T)

経年劣化は避けれないですね。

娘の残念がる姿を見て、ゴムを入れ替えることにしました。

ゴムの入替口がないので少しウエスト部分を切り、後で縫合しないといけません。

なかなか重い腰が上がらず部屋の隅に出番を待っていたスカートと同じく袖口のゴムが切れてしまったブラウスサイズが少し大きくてバランスの悪かったベストを並べて、裁縫箱を引っ張り出しテレビの前に陣取ります。

久しぶりにゆっくりとながらドラマでも楽しむことにしました。

Amazonprimeを開いて目に入ったのが福山雅治主演で名コンビ大泉洋とタッグを組んだ刑事ドラマ【ラストマン】

ラストマン

福山雅治演じる人たらしの盲目のFBI特別捜査官(皆実広見)と、大泉洋演じる警察庁人材交流企画室長(護道心太朗)がバディを組んで難事件を解決していくといったストーリー。

1話ごとに起こる事件を見事に解決していく面白さに加えて、FBI捜査官が日本に来た本当の理由が少しずつ明らかになり、最強バディの護道心太朗の辛い過去、親子関係、権力がモノいう組織の悪き体制、複雑に絡まり、あれこれと推測しながらとうとう最終回。

なんと!毎回ストーリーが面白いのと、Amazonprimeは1話が終わればすぐに次の話が始まるということもあり、気付けばもう最終回(途中少しうとうととしていたようですが…)一日中ドラマを見続け、時刻は夕方になっていました。

もうここまで来たら止まりません。事件の謎の真相に迫ります。

最終回はまさかの展開で、驚きと感動で久しぶりに涙腺が緩みました。

「おすすめのドラマは?」聞かれたらこの【ラストマン】と答えるでしょう!

お気に入りの服のリフォーム

テレビの前を陣取り【ラストマン】を見ながら針仕事を進め、ゴムの入替(スカートの後ろ部分だけのゴムで両端が縫い付けてあったのでベルト部分に穴を開け、伸びたゴムを切り取り代わりに新しいゴムを縫い付けたので結構手間のかかる作業だった。)、ブラウスの袖のゴムの入れ替え、ベストのサイズ直し全てを終わらせてアイロンをかけようと、電源を入れた。

スチームをオンにしてアイロンを持ち上げると…

なんと!白い粉がパラパラと落ちてくるではないか!

アイロンから白い粉

綿棒で蒸気の吹き出し口を掃除して、蒸気を出し粉を出した。

調べてみると、この「白い粉」は水道水のミネラルなどが石灰化したものなのだそう。

対策

汚れ落とし

対策としては石灰化したカスを先ず、取り除く作業から始めた。

石灰化したカスには「酸」が良いらしい。

クエン酸レモン汁お酢でも代用できるそうだ。お酢は匂いの心配がある。アイロンに食べ物を入れるのもちょっと抵抗があったので、迷わずクエン酸を使った。

準備するものはクエン酸と汚れてもいいタオル、綿棒。

はじめに綿棒でスチームの出てくる穴の部分を掃除してある程度の汚れを落としておきます。

クエン酸をスプーン一杯くらいをお水に混ぜてスチームの水を入れるところに投入。

アイロン台にタオルを敷きます。アイロンを下(タオル)に向けてスチームを出します。

その時、軽く振ると石灰化した白い粉がよく落ちます。

最後にクエン酸水で湿らせた綿棒で蒸気穴を仕上げ吹きします。

防止策

落とした汚れはもう付いてほしくないですよね!

汚れ防止策として、少々面倒かもしれませんが、アイロンで使う水を精製水にすると石灰化の原因になるミネラルなどが入っていないので、石灰化を防ぐことができます。

その他、お水はその都度捨てて、アイロンのスチーム水を入れる部分を空にしておく。

こまめにクエン酸で石灰化した汚れをとる。

お気に入りのアイロンいつまでも綺麗に使いたいですよね〜♬

我が家で使用しているのは【DBK スチーム&ドライアイロン】です!

ある程度の重さがあって、強力なスチームでシワがよく伸びるし、なんと言っても見た目がオシャレで可愛い。

見える場所に置いていてもインテリアとして溶け込んでくれるのでスチール製のワイヤーバスケットに入れて置いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました