スポンサーリンク

感情が揺らいだら?人に話すもよし、一旦落ち着こう!

日々の出来事

今日、少し失望する事がありました。

知人にある物を準備して欲しいと頼んでいたんですが、頼んでいたものとは違うそれが届いたんです。

あれだけ確認したのに……。

スポンサーリンク

感情が揺らぐ時

とても残念な気分になって、それと同時にあれほど説明したのに…と、せっかく用意してくれた知人に対してとても失望していました。

その気持ちを抑えることが出来ずに友人にその話を聞いてもらいました。

すると、友人は「開けてみた?もしかしたら使えるかもしれないじゃない?」っと落ち着いて言いました。

私も落ち着いて、箱を開けてみました。

中を見てびっくり!なんと頼んでいたモノが入っていました。

私は届いた箱を見て違う!と思っていたのです。

中身も確認せずに「違う!」と思い込み、勝手に失望してしまっていたのです。

中身を確認せずに、見ただけで判断してしまった自分に後悔すると同時に、ちょっとした出来事でも人に話すっていいことだなぁ。。。と感じました。

一旦落ち着こう

友人にその話をしなかったら、もしかしたら中身を確認せずに「頼んでいたものと違うよ!」と言ってしまっていたかもしれません。

今回思ったことは、感情で声を荒らげる前に一呼吸置いてじっくり考えてみる。または、第三者に相談してみるといい答えが見つかるかもしれません(≧∀≦)

今回は本当に些細なことでしたが、これが仕事だったり、お家の重要なことだったりしたら?

感情が揺らいだら一度落ち着いてからその問題に取り組もうと、改めて実感しました。

自分の行いは自分に返る

我が家の家訓に【自分の行いは自分に返る】というのがあります。

今回の出来事もそうですね〜( ̄▽ ̄;)

もし、感情のまま不満をぶつけていたら?

相手はきっと非常に不快に思うでしょう。もしかしたら、その相手が別の人に愚痴るかも知れません。「人の口にとは立てられない」とはよく言ったもので、どこでどう回って話が大きく尾ひれはひれをつけて泳ぎ回るかも知れません。

話を聞いてもらった友人にも、感情的に話していたら?もしかしたら、その友人も感情的になって話が大きくなっていたかも知れません。

今回、友人には落ち着いて起こった出来事を淡々と聞いてもらったのです。

話すかどうか迷っていて、やっぱり気持ちが落ち着かなかったので正に「聞いてもらった」のです。

私の話を黙って聞き、落ち着いて言葉を返してくれた友人にも感謝ですね。

日々の些細なことの積み重ねで未来は変わってくると思っています。考え方、捉え方、行動一つで【幸せ】に暮らせます(*´˘`*)

たまに立ち止まって、自分の行いを振り返ってみようと感じました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました